クリーンルーム、クリーンブースの規格について。|有限会社環境エンジニアリング
環境エンジニアリング
TEL:048-282-3221
メールでのご相談はこちら
オフィシャルブログ

クリーンルーム、クリーンブースの規格について。

Share on Facebook
LINEで送る

クリーンルーム、クリーンブースの規格には、日本では、おおまかに3種類に分けられています。

多く使われているのは、Fed Std 209D  米国連邦基準です。クラス1,000とかクラス100,000などを多くの方が耳にすることと思います。これは、1フィートの立方体の中に0.5μmの粒子がいくつ存在するかによって決まります。例えばクラス1,000ですと。1フィートの立方体の中に1,000個以下であれば、条件を満たしているといえます。

次に、ISO14644-1では、1立方メートルあたり、0.1μmから5μmの粒子がいくつ存在するかにより決まります。精度の高いクリーンルームでは、0.1μmを基準にしますが、0.5μmの粒子を計測するのが一般的です。0.1μmなどは、医薬、半導体などでも厳密なところでの基準が多いようです。

JIS規格ですが、ISO14644-1を基本的に踏襲しています。ISOではクラス1~9までありますが、JISではクラス1~8までです。JISB9920に基づく

こういったことは、すべて規格で決められており、弊社の製品ではお客様のご要望に応じて厳格に清浄度の規格を守り、測定し、報告書を作成しております。

今後とも、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。