管理とメンテナンスで安心・安全な清浄空間を

クリーンルーム・クリーンブースを長く安心して使い続けるには、使用者の管理と専門業者によるメンテナンスが欠かせません。トラブルを未然に防ぐために、「日頃の管理」と「定期的なメンテナンス」の両面を常に意識しておく必要があります。

クリーンルーム・クリーンブースの管理

安定した品質の製品を製造し続けるためには、クリーンルーム・クリーンブースが正常な状態で運用されていることが非常に重要です。使用者がしっかりと管理方法を把握し、それを確実に実行することで室内の清浄度が保たれます。

管理における4原則

クリーンルーム・クリーンブースを正しく運用するために必要と言われているのが以下の4つです。

  • 1. 塵埃・細菌・汚染物質などを外部から室内へ持ち込まない
  • 2. 室内における埃やゴミの発生をできる限り抑える
  • 3. 室内に汚染物質などを堆積させない
  • 4. 塵埃・汚染物質が室内で発生した場合は速やかに除去する
塵埃・ゴミの発生場所

塵埃や細菌、汚染物質などがどこから発生するのかを知り、周辺機器を利用するなどして室内への侵入や発生を未然に防ぎましょう。

汚れた空気が外部から侵入 排気などによる室圧の変化や、扉の閉め忘れなどから室内へ持ち込まれます。
作業者の衣服・体から 作業着や靴の衛生管理、従業員の入室管理が徹底されていない場合や、室内での動作マナーが徹底されていない場合に起こります。
室内のツールや装置から 室内で使用不可である工具や装置が持ち込まれたことが原因です。
持ち込まれた原材料や包材から 原材料や包材に付着していたゴミに気づかず持ち込んでしまったために発生します。
堆積していた室内のゴミの再浮遊 床材の清掃などが行き届いていないために発生します。

クリーンルーム・クリーンブースのメンテナンス

作業者自身で行う管理とは異なり、定期的な保守点検やメンテナンスに関しては、専門業者に依頼をするのがもっとも確実です。プロによる作業を行えば、クリーンルーム・クリーンブースを正常に保つことができます。

クリーンケア

試運転から評価・改善法提案までを含めたトータルメンテナンスのことを「クリーンケア」と呼びます。

クリーンケア

定期的にクリーンケアを行うことで、この先に起こりうるさまざまな事態を回避することにつながります。メンテナンス体制に力を入れている弊社が間違いのないサービスを提供させていただきます。ご依頼の際はぜひ環境エンジニアリングまで。

お問い合わせ